“糖度高い・高級スイカ” 八色特産スイカの生産・販売 新潟県南魚沼市「清水農園」

★直売所オープン時期★
7月中旬からお盆頃まで

清水農園がある新潟県南魚沼市八色原は、日本一とも言われるスイカの産地として知られています。黒土・盆地で寒暖差があり糖度の高い、みずみずしくシャキシャキの美味しいスイカを栽培するのに適しています。

しかしながら美味しい理由は環境だけでなく、環境は同じでもスイカは育てる人により味が違うんです。技術や毎日の管理がとても大事です。スイカは手間をかけた分だけ、はっきり味にでる作物です。清水農園のスイカはとてもみずみずしく皮の近くまで甘く実もぎっしりつまっているとご好評いただいております。 ぜひ私たちがこだわって栽培したスイカを食べてもらいたいです。

清水農園の「スイカ」へのこだわり

(1)土作り・圃場作りが大事!

うねを高くする、うねの幅を広くすることによりスイカが元気に育つ、根張りが良くなるので有機肥料も吸収も良く、病気にもなりにくいので農薬も減らせるなどメリットが多いです。

(2)確かな技術!

いくら環境が良く、有機肥料を使っても生育状況が良くないと効果を発揮しません。スイカを元気に育てる確かな技術が必要です。

(3)作物の声を聞く!

作業がない日でも毎日圃場の生育状況を見て回り、作物の声を聞くことも、農業にはとても大事なことです。

栽培風景のページはこちらから
 

清水農園の人々~力を合わせて頑張っています!~

清水農園の人々

<経営者の雅巳>
初めは会社勤めをしていたが、ひょんなことから家業を継ぎ農業の道へ。
気がつけば就農14年(2015年当時)。農業の面白さにはまり日々汗を流しています。

<父、又一>
たばこと農業をこよなく愛する農業歴46年(2015年当時)の大ベテラン。最近は孫に囲まれ楽しそう。

<従業員の繁孝>
家庭菜園とラーメンの食べ歩きが趣味の近所の一つ下の幼馴じみ。前職は大工さん。17年4月入社。

 

清水農園産スイカの購入方法

直売所アクセス

新潟直送計画サイトへ

東京から新潟市へ移住した4人組が独自の切り口・取組で成功しているネットショップです。

【宅配便をご利用のお客さまへ】
配送には十分な注意を払っておりますが、それでも割れたりしてしまう事がまれにあります。
清水農園ではそういった場合に対処できるよう保険に入っています。
届いた時に段ボールが濡れている、段ボールが破損しているなど心配なところがありましたら、その場で業者さんと開けてみてください。その場で気が付かなくても業者さんに連絡すれば大丈夫です。(※業者さんが取りに来たら、割れていた状態を確認できるようにしてください)
 

スイカの美味しい食べ方・保存方法

  • 買ってきたら(届いたら)約一週間以内には食べてください。
  • 保存は常温で、切ったもの(残ったもの)は冷蔵庫に保存してください。
    冷やし過ぎるとせっかくの甘味があまり感じられなくなります。
    (うちみたいな田舎なら、川で冷やすのがちょうどいいですよ。)
  • 塩をふって食べる方もいますが、本当に美味しいスイカには不要!
    ぜひ、そのまま食べていただきたいです。
 

最新情報

さぁ!夏を楽しもう!

このページの一番上へ